占星術

天王星牡牛座のはじまり

16日天王星が牡牛座へ。約7年ぶりにサインを移動することになります。動きの遅い天体が大きく居を移す時は、世の中の空気も変わり、個人的にもそれぞれに変化の波が訪れるようです。

2011年3月、天王星が魚座から牡羊座に移動したとき、日本ではその前日に東日本大震災と福島第一原発事故が起こり、日本中の人々が本当の豊かさ、自分自身を生きることはどういうことなのか、目の前に繰り返される崩壊に向き合い考え始めたのではないかと感じています。

私は、7年前の3月、結婚をしており、家族で富良野へ移住することが決まっていて、準備をしていました。原発事故のおかげで船の欠航が重なり無事に北海道へ移住できるのか、これから先への不安と、未知の世界への希望を胸いっぱいに抱えていたような時期でした。

富良野に来て約7年間。天王星は、私の6ハウスを運行していました。その間、次男と三男を出産し、日々の営みの大切さや繰り返しの中で生まれる葛藤と平穏、自由への離婚を経験し、生活をしていくための仕事をしました。介護職員、農家のお手伝い、本当にやりたいことは何なのか、自分の可能性を活かす方法を探しながら。それでも生きていくために悩みながら働いた時間は、いつの間にか私を癒し、新しい希望へと導いてくれていました。

来年の春、牡牛座の天王星は私のディセンダントと重なり、7ハウスに入りN太陽とアスペクトを形成します。何か自分自身の大きな始まりに向けて、太陽に近づけるようにこれからの時間を使っていこうと思っています。

自然のリズムに合わせて自分を成長させること、自分の星を輝かせること。

まずは自分が実験台になって、創造的に生きていく。

みなさま、それぞれが素晴らしい天王星牡牛座時代を過ごせますように。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中