占星術

変わり目と木星

3月は入ってすぐに連日の猛吹雪からの雨。雪は恐ろしく積もり、視界はホワイトアウト、自宅の玄関にたどりつくまで一苦労。かと思えば翌日には気温が上がり雨が降り、道はぐちゃぐちゃに。人生初、JAFのお世話になる事態まで…。なんだか慌ただしい日々が過ぎたかと思うと、三男のウイルス性胃腸炎で、寝不足と疲労が重なり、私もダウン。ふと天空に思いを馳せると、3月9日には、蠍座の木星が逆行に転じていた。(2018年7月11日まで)

2017年10月10日蠍座に入った木星。私個人的には、同時期にアセンダントに木星がコンジャンクションをし、ノード回帰が起こっていた。人生が塗り替わり始めた転機の時だったと思う。

去年の10月、久しぶりに東京へ行き、来日される心理占星術の先生のセミナーに参加していた。その日をずっと楽しみに勉強を続けていた私は、バラバラになっていた点が繋がり、自分が心から満足のいく人生を送るために、もっと成長していきたいと思えた夢のような3日間を過ごした。それから少しずつ、学びながら、興味をもってくださった方から声をかけてもらい、人伝いに占星術のコンサルテーションを行ってきた。「智子さんと話すと元気がでるし癒される」「びっくりしすぎて鳥肌がたちました」「見てもらいたいって言ってる人がいるんだ」「話してもらった通り、あの頃から気持ちが変化していきました」そんな言葉をいただけると思っていなかったので、すごくうれしくて、自分に自信と活力が戻ってくるような感じがしていた。私自身が自分の可能性を信じる切っ掛けになった占星術で、同じように誰かの力になれればと思っている。やればやるほど、もっと知識を高めたいと思い、コミュニケーションの取り方に自己反省をし、もっと自分自信を満たす必要を今、感じている。

そして、もうひとつ。シングルマザーである私は、生活のためにも安定した収入源を確保しなければと思い、新たな仕事を探していた10月。友人の紹介であっという間に決まり、新しい環境で働き始めたのもその頃だった。初めての業界と、慣れない数字、クライアントやお客様のほとんどが外国人という特異な会社のため、覚えることがたくさんあり、あっという間に数カ月過ぎてしまったという感じだ。

去年の10月から色々なことが拡がり、まだまだ満足のいくところまで進んでいるわけではないけれど、前進することだけが価値あることではないはずだ。一度立ち止まり、頑張り方や自分の望むものを見直して内観してみるのも、木星逆行の時期にはよい過ごし方なのではないかと思う。

季節の変わり目、変化の時は、彩ある出来事が混ぜ合わさり、暗くなるように感じるときがある。そこからまた光を見つけて、歩き出す。そんなことが幾度となく繰り返されるのが人生のような気がする。

もうすぐ時は、春分の日。

私の暮らしているところは、まだまだ雪が残っているけれど、すぐそこまで来ている春を感じる今日この頃。

気持ちを新たに、日々を大切に過ごそうと思う。

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中