子育て

当麻フィールドアスレチック

北海道の夏。一気に緑が増え、色とりどりの花が咲き誇る活気に満ちたエネルギーが充満する時。あっという間に過ぎてしまうこの時期が、私はとっても好きです。今年は、夏の始まりが遅いのですが、子供たちと思いっきり自然を満喫しながら、想い出いっぱい作ろうと思い、今週末は気になっていた「とうまスポーツランドフィールドアスレチック」へ。

キャンプ場も隣接しているので、ログハウス泊でのんびり楽しんできました。

森の中の緑に囲まれたフィールドに30種類ものアスレチックがあり、大人から子供までかなりアクティブに遊べて、子供たちもイキイキと挑戦していました。

IMG_20170702_201527

「当麻ダム・タルわたり」左右のロープを使って、上手にバランスを取りながら向こう岸まで渡ります。この日は空いていたので行ったり来たり、何度も乗ってました。

IMG_20170702_201557

「おづまメロンわたり」3つ連なったメロン型の鉄のオブジェを渡っていくのですが、見ているよりも、バランスを取るのが難しいようで、苦戦していました。この写真、2人同時に写っていますが、ひとりづつチャレンジしないとメロンとメロンの間に足を挟まれることがあるので、ちょっと危険です。

IMG_20170702_201633

「トウオマわたり」水上アスレチックが多めかもしれません。幼稚園児でも途中までは自力で行けますが、最後の丸太の並びがなかなか難易度高めです。

IMG_20170702_201058

「市街一望」おきまりターザンロープ。ここの他にもありましたが、こちらが一番長く、しかも子供のみ。

IMG_20170702_101601

「人間水車」子供たちが一番はしゃいでいたのは、これだったかもしれません。帰りの車でも「29ばんが、いちばんたのしかった」って言っていました(笑)数人で回るには息が合わないと大変なことになるので、お気をつけください。

全部体験するのに、1時間半くらい時間がかかりますが、スコアカードに得点を記入し、体力のこまかい強弱などがわかるようになっていたりするので、そんな楽しみもあり、大人も子供もいい汗をかきながら、ダイナミックに遊べてかなりおすすめです!

そして、汗をかいたら、こちらのキャンプ場に隣接しているラジウム温泉の入浴施設もあるので、ゆったりのんびり、くつろぐこともできました。

翌日は、こちらもキャンプ場から目と鼻の先にある、昨年オープンしたばかりの、くるみなの木遊館 へ立ち寄りました。

DSC_0156

※写真:当麻町ホームページより引用

写真を撮り忘れてしまったのですが、扉を開けると木の香りがして、一気に癒しの空間です。木材をふんだんに使った遊具や家具がたくさんあり、子供たちの好きな木製おもちゃが無料で遊べます。飲食持ち込み禁止ですが、売店コーナーに当麻町の天然酵母のパン屋さんのパンや、100円以上のカンパでいただけるコーヒーなどもありました。乳幼児連れのファミリーには、親子で癒される憩いの空間です。

帰路に向かう途中は、念願の「ながしそうめん」(笑)

IMG_20170702_201241

取れたてのミニトマトやキュウリも流れてきて、キャッキャッ言いながら雰囲気が楽しくて、おなかも心も満たされました。

そして、締めは十勝岳連峰の中腹にある源泉かけ流し温泉 吹上温泉 白銀荘

IMG_20170702_201916

風呂の後のソフトクリームは格別(笑)家に帰って18時には子供たち就寝してしまいました。楽しかった大満足の2日間♡

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中